膣がゆるんでいないかを把握するために自分でチェックを行なってみましょう

女性の悩み解消ナビ

自分で確認できるチェック法

膣圧の低下をセルフチェックしよう

膣のゆるみについて気になり始めたら、自分で行えるセルフチェックを実施しましょう。自分は大丈夫と思っている人も、実は膣周りの筋肉が衰えていることがあります。膣圧が気になった際はすぐにセルフチェックで確かめて、膣引き締め対策を行なうとこれ以上締まりが悪くなることを予防出来ますよ。インターネットでチェック内容を確認出来るので、チェックすることをおすすめします。

実際に指を入れてみて膣圧を確認

セルフチェックを実施してみて、数多くのチェックがあり膣圧低下を気にする場合は、今度は実際に触れてみて膣圧を確かめる方法があります。リラックスした状態で膣内に人差し指と中指を挿入して、ぎゅっと締め付けてみましょう。指に圧を感じられたら特に問題はないです。指に圧を感じられなかった場合は、膣引き締めの治療やトレーニングを考えた方が良いです。

パートナーと一緒に膣圧をチェック

セルフチェックと指の感覚で、なんとなく自分の膣圧の強さを感じることが出来たら、次のステップとしてパートナーと一緒にチェックを行なってみましょう。挿入時に締めたりゆるめたりして、パートナーに感想を言ってもらうと良いです。これを繰り返すことで膣トレの効果もありますし、何よりお互いにコミュニケーションを取れて非常に満足できるでしょう。

広告募集中