膣がゆるくなる原因と膣引き締めによる効果の両方を理解しよう

女性の悩み解消ナビ

膣がゆるくなる原因を把握する

出産を経験する

膣がゆるんでしまう主な原因として出産が挙げられます。胎児が膣を通って生まれてくるため、膣がゆるむと勘違いしがちです。しかしながら、実は原因となるのは妊娠中に胎児や子宮を支え続けることで負担がかかった筋肉や分娩時に引き伸ばされた筋肉が出産後にあまり収縮できないようになってしまうからです。

加齢による筋力の低下

人間は歳を重ねるごとに様々な面で老いを感じてしまいます。それは骨盤周りの筋肉にも言えることで、加齢によって膣や周囲の筋肉、靭帯などがゆるんでデリケートな悩みになってしまいます。また、全身の筋肉量が減少することで体内のコラーゲンも少なくなって、膣のゆるみへと発展してしまうでしょう。

肥満気味の人

肥満になってしまうとお腹やお尻、太ももなどがたるみやすくなりますが、特に下腹部に脂肪がついている場合は注意が必要になります。下腹部の脂肪が原因となって、膣や子宮などを支える骨盤底筋が弱まってしまいます。その結果、膣がゆるんでしまうでしょう。このように膣がゆるむ原因は色々とあるので、膣引き締めをしっかりと行なうことが重要です。

女性ホルモンの減少

加齢によって女性ホルモンも減少してしまいます。女性ホルモンが減少すると、膣壁の血管も細くなって細胞が薄くなることもあり、膣圧が低下することが判明しています。また、弾力性のある粘膜が減少することで、膣口が小さくなってしまうケースもあるでしょう。

膣引き締め治療にて気になるQ&A

婦人科形成クリニックではどのような治療を行なうのですか?

婦人科形成クリニックでは主に注射や高周波、超音波、レーザー、外科的手術などの施術で膣引き締めの治療を行ないます。クリニックで診察を受けて、自分の膣の状態に適した施術を行なうことが大切になりますよ。

痛みや腫れなどがない施術方法はありますか?

高周波で膣引き締めをするマシンのビビーブがおすすめです。何度も施術を受けずに、1回の施術で効果は数年ほど持続しますよ。麻酔と出血の心配がないので、腫れや痛みを感じることもなく安心して受けられます。

自分でも膣引き締めは行えるのですか?

クリニックで施術を行なわなくても、自分でも膣引き締めをすることが出来ますよ。膣引き締めで代表的なものは膣トレになります。毎日しっかりと行なうことで、効果を実感することができるでしょう。

出産経験や肥満、加齢などではないのですが膣がゆるい気がします。原因は何でしょうか?

実は膣がゆるくなってしまう原因は他にもあります。便秘で悩んでいる人は膣がゆるんでいる可能性が高いです。また、日々の生活習慣も関わってくることがあります。運動不足によって筋力低下を招くでしょう。

膣引き締めを行なったら尿漏れも改善されますか?

ふとした瞬間に尿漏れが発生する女性は多いでしょう。これは膣のゆるみである骨盤底筋が低下していると、発生してしまいます。そのため、骨盤底筋を鍛えると、膣が引き締まって尿漏れも改善します。

【PR】
バストサイズをアップさせたい。
間違えた下着を着用すると大変なことに。優良情報をチェック!

膣引き締めで得られる効果5つを紹介!

パートナーとの夜の生活が満足できる

膣のゆるみが原因で上手く感じることが出来なかったり、夜の生活が苦痛になってしまうことがあるでしょう。そこで、膣引き締めを行なうとお互いの感度が高まって、充実した夜の生活を過ごすことが出来ますよ。セックスレスの解消にもなります。

外陰部の見た目が引き締まる

膣引き締めの施術を婦人科形成クリニックで行なうと、大陰唇や小陰唇のたるみと全体的な黒ずみが解消することが出来ます。この外陰部は加齢による変化が受けやすくなっているので、膣引き締めが若返りの効果に期待が持てるでしょう。

子宮下垂や子宮脱を予防する

骨盤底筋が弱まってしまうと内臓を支えきれずに性器脱を引き起こされる恐れがあります。子宮が膣内で下がった状態を子宮下垂と呼び、この症状は悪化して膣から子宮が飛び出した状態を子宮脱と言います。膣引き締めで、このような状態を予防できます。

ボディラインが綺麗になれる

女性は出産や加齢によってボディラインが崩れやすくなります。あわせて、骨盤底筋と呼ばれる筋肉が弱くなると膣もゆるくなるので、それが原因でボディラインが崩れることもあります。ボディラインを綺麗に整えたい場合は、身体の中から改善していくことです。

湯だまりが解消する

湯船や温泉につかると膣内にお湯が入ったり、上がった際にお湯が膣から出てしまう場合があります。このような湯だまりを解消するためには、膣を引き締めて骨盤のゆがみを治すのが効果的でしょう。膣引き締めによって、お湯が膣内に入ることもなくなりますよ。

膣のゆるみを感じるようになったら

パートナーから指摘されたり、膣内にお湯が入りこんで膣のゆるみに気付いてしまう女性が多いです。膣がゆるいとの悩みはデリケートな問題で相談しにくいでしょう。そこで、膣の悩みに気付いたら、放置せずに色々と原因を調べたり対策を取ることが大事です。

広告募集中